BLOG

ゼニス「クロノマスター エル・プリメロ」サイズ違いを比較

こんにちは!高野です。

1969年1月10日に発表された世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメント”エル・プリメロ”。そのエル・プリメロを搭載した初期のモデルに採用されたデザインは、現在ゼニスを象徴するダイヤルとして人気を博しており、そのデザインは「クロノマスター エル・プリメロ」が受け継いでいます。

そんなゼニスのDNAが凝縮された「クロノマスター エル・プリメロ」、ケースサイズが3種類ございますので今日はそれぞれ比較してみようと思います♪

左から、45㎜、42㎜、38㎜。(今年、45mmモデルが生産終了になっています)並べてみると全然違いますね。

45mmはスッキリとしたシルバーのダイヤルで照明の当たり方によってグレーに見える角度があり、違う表情が楽しめます。積算計の針先端のレッドがポイントで入ります。

42㎜はインダイヤルの目盛り部分がキラッと輝く仕様になっています。ダイヤルに”36000VpH”とプリント。ダイヤルはホワイトに近いシルバーです。

38mmは日付位置が4時5時位置の間に配されます。どのサイズもインダイヤルは同じ大きさになるので、38mmモデルだとインダイヤルが大き目で小ぶりなケースでも存在感がでます。

続いて着けた感じを比較!

45mmは迫力あるサイズで男らしくカッコよく着けたい方におススメです。

42㎜は平均サイズぐらいです。多くの男性の方が似合われるサイズです。

38㎜は着ける人を選ばず、誰もが綺麗なバランスで着けて頂けるサイズです♪

今ならこの3種類のサイズ違いのモデルを実際につけ比べて頂けます。是非、ゼニスブティック大阪にご来店くださいませ♪

 

ゼニス「クロノマスター エル・プリメロ」
[45㎜]
品番:03.2520.400/69.M2280
価格:¥928,800(税込)

[42㎜]
品番:03.2040.400/69.C494
価格:¥864,000(税込)

[38㎜]
品番:03.2150.400/69.M2150
価格:¥928,800(税込)

関連記事一覧

おすすめの記事