BLOG

定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】

こんにちは!
瀧澤です。

本日はゼニスが誇る【クロノマスター】シリーズよりおすすめの1本をご紹介します!

IMG_2927 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

ZENITH
エル・プリメロ 42㎜
品番:18.2043.400/69.C494
ケース径:42㎜
素材:18Kローズゴールド
防水:10気圧防水
価格:¥1,705,000(税込)

エル・プリメロ発表の年である1969年のモデルに使用されていたダイヤルデザインである通称「1969」ダイヤルを用いた1本。
ケースサイズは42mmでクロノグラフモデルとして非常にバランス良く使えるサイズ感です。
これだけ見ると「THE・ゼニス」といったような1本。
もちろんそれだけでも非常に魅力が詰まっているのですが、本日ご紹介するクロノマスターは一味違います。

IMG_2932 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

そうです。ケースに18金を使用した金無垢モデルになります。
色味は上品ながら柔らかい色合いが特徴なローズゴールド。
ケースにゴールドを使用すると、一味も二味も違う雰囲気がありますね。

ちなみにステンレスモデルのクロノマスターはクロノグラフの秒針はレッドカラーで、インデックスはシルバーなのですが、
こちらのモデルはケースに合わせてクロノグラフの秒針もインデックスもゴールドで統一されています。
つまりはインダイヤルは「1969ダイヤル」のカラーリングでも、ステンレスモデルとはまた違った「1969ダイヤル」のフェイスになるのです!

IMG_2926 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

そして注目のケースの仕上げの部分。
ゼニスは「ムーブメント」における評価が非常に高いブランドなのですが、実は「ケースの仕上げ」にも非常にこだわりのあるブランドです。
ステンレスモデル同様の仕上げ方で、ポリッシュとサテン部分が織り交ざったエッジの利いた仕上げが特徴。
着用した際の立体感や高級感などがこの仕上げにより高められています。

IMG_2925 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

そして、バックルには18Kの尾錠タイプを使用。
ステンレスモデルはフォールディングバックルを使用しているのでここにも違うポイントが見受けられます。
尾錠になるとゴールドの雰囲気と合わさってよりクラシックな雰囲気を感じさせてくれますね。

IMG_2935 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

裏蓋はもちろんシースルー仕様。
存分にエル・プリメロの動きをご覧頂けます。

IMG_2918 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

IMG_2933 定番モデルも金無垢なら一味違う?とことんクラシックな【クロノマスター】 - CHRONOMASTER

いかがでしょうか?
定番モデルでも金無垢になるだけで異なった雰囲気を感じて頂けるかと思います。
優しい色味なので嫌な主張はなく、非常に落ち着いた大人な1本です。

ただ18金はステンレスモデルよりコストがかかる為、値段面が気になられる方もいらっしゃるのではないでしょうか…?
そういった方には【金利・手数料が無料のスペシャルクレジット払い】がおすすめです!

ゼニスブティック大阪では80万円以下のモデルは最大36回、80万円以上のモデルには最大60回までの金利、手数料が一切かからない分割払いがご利用いただけます。
例えば今回モデルは¥1,705,000(税込)なので、最大回数の60回で分割計算してみると…
なんと¥28,400×59回(初回のみ¥29,400)でご購入いただけます!
もちろん頭金やボーナスの併用もご利用頂け、残金の一括返済はいつでも可能となっています。

詳細は是非スタッフまでお問い合わせください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ゼニスブティック大阪では公式のインスタグラムアカウントにて毎日商品などのご紹介をしております!
よければ是非フォローしてくださいね→@zenithboutique_osaka

関連記事一覧

おすすめの記事