BLOG

ゼニスのシリーズで違うケースの形・素材を比較!

こんにちは!高野です。

現在それぞれ異なるコンセプトのもと4つのシリーズを展開しているゼニス。
シリーズによって全く違うデザインはどれも魅力的です。その中でも、時計のムーブメントを守り、時計自体の印象を決めるケースについて見比べていきたいと思います♪

まずは昨年新しく登場した『デファイ』シリーズのケースから!

この『デファイ』の名は過去にも用いられ、1969年製の初代デファイには斬新な八角形のケースが採用されていました。その当時のケースに着想を得て、モダンにアレンジを加えた新しい形が現在のデファイのケースです。

ハイスペック機構を搭載しているため、若干厚みのあるケースになっています。このシリーズはケース素材にチタンとセラミックを主に採用しているので見た目より随分軽量で着けやすいのが特徴。このケースの見た目のゴツさが男らしくて好評です!
表面の艶消し・艶あり仕上げも絶妙な高級感があります。

続いては、『クロノマスター』シリーズです。

ゼニスのド定番であるクロノマスターシリーズは、綺麗目な印象のあるケースが特徴です。

ゼニスが開発した世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメントを”エル・プリメロ”を搭載したケースです。モジュールを組み合わせたムーブメントではないのでケースの厚みが抑えられ、ワイシャツを着た時の袖口が気になりません。
少し丸みのある形やベゼルを造らないところなど、クラシカルな雰囲気のケースです。

続いて、『エリート』シリーズ。

シンプルなドレスウォッチを集めたシリーズ。
ゼニスのもうひとつの自社製ムーブメント”エリート”を搭載しています。このムーブメントの最大の特徴は超薄型ということ!ケースも非常に薄く、着け心地は抜群です!

曲線の美しいケースは大人の気品を感じます。

最後に、『パイロット』シリーズです。

空のパイオニアたちへのオマージュとしてできたこのシリーズは、1930年代のパイロットウォッチからインスピレーションを得ています。

パイロットがグローブを着用しても操作しやすいようにリューズは大きな玉ねぎ型をしています。
エイジングが施されたステンレススチール製のケースは独特なビンテージ感があり、ゼニスのパイロットシリーズの世界観を表現。ラグの形も独特で、オシャレですね。

以上、ゼニスのシリーズ別ケースの形でした。
品揃え豊富なゼニスブティック大阪で実際に見比べてみてくださいね。

 

関連記事一覧

おすすめの記事